ニキビケアにいい基礎化粧品

ニキビができてしまったら、しっかりとしたニキビケアを行いたいものです。
そんなニキビですが、思春期ニキビと大人ニキビとではケアの方法が違ってきます。大体、ニキビができる状態が違いますのでそれぞれに合ったニキビケアをする事が必要です。

思春期のニキビケア

10代の思春期ニキビは、皮膚の過剰な油分が原因ですのでケアする時は、油分を含まないさっぱりタイプの化粧水を使用する事になります。
ニキビ用の化粧水は、薬局等で購入する事ができます。その中でも、自分の肌に合う基礎化粧品を探してください。
どれがいいのかわからない場合は、口コミサイトなどを利用するのがいいです。自分の肌タイプに合った口コミを参考にすれば、基礎化粧品選びが楽になるのではないでしょうか。思春期ニキビの場合は、食生活で油脂を含むお菓子などを控える事も大切です。
適切なニキビケアで、ニキビのできにくい体を目指したいところです。

大人ニキビケア

20代の大人ニキビの原因は、10代のニキビに比べて複雑です。ニキビができる原因というのは、過剰な皮脂分泌なのですが、どうしてそのような事が起こるのかは様々な原因が考えられます。ひとつは、ホルモンバランスの乱れからおこる場合です。
それから、便秘などの身体の不調からニキビができる事もあります。そして、睡眠不足やストレスといった原因も考えられます。
まずは、自分の生活習慣の見直しをはかる事からニキビケアをはじめてみるのも大切です。大人ニキビのニキビケアは、それらの生活習慣を改善する事が必要になります。

基礎化粧品選びにつきましては、やはり自分の肌質に合ったものを選びたいところです。保湿をすることがとても重要になります。保湿といいましても、油分のあるものではなくて、水分による保湿をすることが大切です。ニキビはできたら、すぐにケアをして健やかな肌を目指してください。